食生活編栄養バランスを考えて、
かしこく食べるコツ

健康な生活を送るためには、食生活は大事。あなたの食生活は、大丈夫ですか?まずは、チェックをしてみましょう。

食生活チェック

  • 食べるスピードが早い
  • 朝食を抜くことが多い
  • 食べる時間が不規則
  • 甘いものが大好き
  • ついつい間食をしちゃう
  • 食事内容に偏りがある
  • 外食をすることが多い

3つ以上当てはまる方は、今すぐ食生活を見直しましょう。見直しのコツをご紹介します。

3食バランスよく食べよう

不規則な食事は食べ過ぎや間食を増やし、カロリーオーバーの原因に。食事を抜いたりせず、朝・昼・晩3食バランスよくしっかり食べることが大切。朝・昼・夕のカラダの状態に合わせて、摂る・控える栄養素を知りましょう。

朝食朝食を食べないのはNG。代謝アップの重要な食事。

パンとコーヒーだけで済まさず、卵やヨーグルトなどの、たんぱく質もしっかり摂取しましょう。朝食をとることで体温が上がり、脂肪の燃焼が高まります。

たんぱく質もしっかりとって!

昼食日中は活動力がアップしているとき。少し多めの食事でもOK!

カラダを動かす時間帯なので、多少多めの食事をとっても大丈夫。主食(パン・ごはん)・主菜・副菜・汁物など6大栄養素を摂りやすい定食メニューがおすすめ。

脂質は消費しやすいお昼に!

夕食20時以降はなるべく食べない!?

夜の20時以降に摂取したカロリーは消費されにくく、吸収されやすいのです。特に糖質(炭水化物)や脂質などは少し控えめにしましょう。

糖質・脂質は控えめに!

間食は上手に食べましょう!

空腹を我慢すると、次に食事をとったときに血糖値が急激に上昇し、カラダはかえってやせにくくなります。小腹が空いたときは、油分や塩分控えめのナッツ類やドライフルーツ、乳製品など3食で不足しがちな栄養素を間食で上手に補いましょう。

おすすめのおやつ イメージ

良く噛んで食べよう

噛む回数が増えると脳が満腹感のサインを出すので、食べ過ぎ防止の効果があります。1口30回噛むことを目標にしましょう。

食べる順番に気をつけよう

汁物・野菜肉・魚・卵主食などの順番で食べましょう!
炭水化物を空腹状態で食べるとすぐに消化・吸収されて、血糖値が急上昇してしまい、脂肪が蓄積されやすくなります。そこで食べる順番を「汁物・野菜→肉・魚・卵→主食」に変えると血糖値の上昇がおだやかになり、満腹感を得やすくなるため同じ食事でも太りにくくなるのです。

  1. 汁物
    カラダを温め、満腹感を得やすくなります。
    汁物 イメージ
  2. 野菜(海藻類)
    食物繊維は血糖値の上昇を抑え、脂質の吸収を抑える効果も。
    野菜(海藻類) イメージ
  3. 肉・魚・卵
    たんぱく質はしっかり食べたい栄養素!
    肉・魚・卵 イメージ
  4. 主食(炭水化物)
    最後に食べれば、少ない量でも満足感アップ。
    主食(炭水化物) イメージ

次のコラムへ

代謝をアップして消費カロリーを増やす、日常生活の過ごし方

前のコラムへ

健康な生活を送るためには「栄養バランス」がカギ!

PAGE TOP