メニュー

安心・安全に取り組む富士フイルム社員

写真フイルムで培ったDNAを継承し、
さらなる品質向上を目指す。

ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ
技術マネージャー
品質保証責任者(機能性食品)

桜井 靖也

※所属部署・役職は取材当時のものです

富士フイルム社員 ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ 技術マネージャー 品質保証責任者(機能性食品) 桜井 靖也

いついかなるときも品質を保つ
すべての工程で品質管理を徹底する

サプリメントはお客様の口の中に入る食品ですから、安心・安全であることは絶対条件です。製品の開発から生産、流通まで、徹底した品質管理と、さらにその向上を常に目指しています。

まず生産を行う工場は全て、厚生労働省の支援を受けた第三者認証制度「健康食品GMP(Good Manufacturing Practice、適正製造規範)」に準拠しています。これは原料の入庫から製造、出荷にいたるまで、全ての過程において製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められた厳格なルールやシステムです。

富士フイルム社員 ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ 技術マネージャー 品質保証責任者(機能性食品) 桜井 靖也

さらに、そこでの生産工程では、一定の品質を保つために一定の品質の原材料を用い、秤量、調合、充填、包装まで一定の手順で生産されるようにしています。つまり誰が、いつ作っても、同じものができるようにする。実はこれが、意外に難しいものなのです。というのも日によって温度や湿度は違いますし、季節の影響は避けられません。その中で、原材料を入荷する時期によって品質にばらつきがないようにしたり、あるいは工場内を一定の環境に保ち続けるには、あらかじめ設定した基準書に基づいた管理の徹底が必要になるのです。

生産に携わるスタッフの衛生管理もまた、基準書があります。そこに記載された方法で構造設備、機器類の清掃、従業員自身のその日の健康状態や服装のチェック、手洗い等を行っています。

この時に気を付けているのが、スタッフが守りやすく継続しやすいルールを作るということですね。例えば洗浄用の水があまりに冷たいと、どうしても手洗いがおっくうになったり、おざなりになったりする。そうならないよう、製造現場では温水が出る設計で、手洗いが行えるようにしています。

ルールは上から一方的に押し付けるだけではだめで、それを実行する人の気持ちに沿うように考えながら作っていくことが大切だと考えています。

富士フイルム社員 ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ 技術マネージャー 品質保証責任者(機能性食品) 桜井 靖也

お客様の声を製品づくりに活かす

ここまでご説明した工場での製造工程やスタッフの衛生管理は、どのメーカーでも実施していることでしょう。しかし、当社の「機能性表示食品」や「サプリメント」に配合されているサラシアエキスや低分子コラーゲンは、私どものサプリメントに特長的な原材料なので、他社にはない厳しい品質基準や製造プロセス管理を設定しています。

また、人が直接製品を見て検査する官能評価では、他社の多くは外観や色の違いなど視覚による検査だけを行っていますが、私どもでは味やにおいまでチェックしています。この官能評価は機械やAIではできない部分も多いですね。

さらに出荷後、コールセンターなどに寄せられたお客様の声は、貴重なご意見として関係各部署に送って、製品やサービスに反映させています。実際、あるサプリメントに対して、私たちが当初想定していなかった使用実感をお客様からいただいたことがありました。それを開発チームに伝えて新たな調査を実施した結果、ご指摘いただいた点で別の健康作用があることが証明され、次の製品開発につながったことがあります。

このようにお客様の声は、品質の向上や商品の開発に欠かすことができません。それだけにスピード感をもって、かつ丁寧にお答えするよう心がけています。

富士フイルム社員 ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ 技術マネージャー 品質保証責任者(機能性食品) 桜井 靖也

フィルム時代から継承する品質管理へのこだわり

富士フイルムが新たに化粧品やサプリメントなどヘルスケア製品の開発・製造へと進出するにあたって、写真フィルム時代の技術が大いに役に立ったという話を耳にされたことがあると思います。ただ、継承されたのは技術だけではありません。

かつてデジタルカメラやパソコンがなかった時代は、一度撮影したら撮り直しも画像修正もできませんでした。そのため写真フィルムに品質不良があると、お客様が残したかった貴重な一瞬を台無しにしてしまいます。これは決して許されることではない、取り返しのつかないことです。そのためフィルムの品質管理は、本当に徹底していました。

今、当社がとにかく品質管理にこだわるのは、写真フィルムの製造を行ってきたことに関係があると私は思っています。製造前からお客様のお手元に届くまでの全ての工程において、入念な品質チェックを繰り返すのは、そういった製品を長年扱ってきた私たちのDNAのようなものではないでしょうか。

これからも創業以来培ってきた品質管理へのこだわりを貫きつつ、お客様のご意見を糧として、さらなる製品・サービスの品質向上を目指していきたいと思っています。

富士フイルム社員 ライフサイエンス事業部 品証薬事グループ 技術マネージャー 品質保証責任者(機能性食品) 桜井 靖也

PAGE TOP